忍者ブログ
弾と砕ける勝ち馬精神
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by SASUGA - 2008.04.04,Fri

春です。
入学式、入社式、新生活の季節です。

いや。

そんな聞こえのいい季節ではない。

ハッキリ言おう。

「酒を飲む季節」である。


と言うわけでなんだかよくわからないが酒の話をしたい。

先日、とある友人から食事のお誘いを受けた。いや、飲みの誘いと訂正しますね。
何やら東北某県に脳内出張してきたらしく、
珍しいご当地ビールを買ってきたので飲もうじゃないかと友人は言う。

何を隠そうビールには目が無い当方。
ビールと聞いて黙っているわけにはいかない。

さて、その友人宅に出向いたわけだが。

それらのビールの中でも一際「おぉ!?」と唸ったのがワサビビール
なんだこれは!? これは飲まなくてはなるまい。

小型のビアサーバからそいつをジョッキに注ぐ。
家庭にビアサーバ、さらにジョッキとは実に生意気な奴だが、
今回限りは(*^ー゚)b グッジョブ!!

おぉ。。。ジョッキが見事な緑色に染まっていく。
つか、これビールか?w
と思わず言ってしまうような鮮やかグリーン。

さて、御託はもういい。はやく飲ませろ!

と、そいつをぐいっとやる。


おぉ なるほど!
これはワサビだな!

味?
ビールというよりエールな感じかなぁ。
いやこれはワサビだな!

風味?
ほんのりフルーティーな感じだなぁ。
でもこれはワサビだな!

見た目?
キレイなグリーンやねぇ。鮮やかやねぇ。
でもやっぱりワサビだな!





2時間ほど飲み食い談笑して帰路に着いた。
テーブルの上には緑色のジョッキがそっくりそのまま残っていた。

家に付いてエビスビールの缶をぐいっとやった。
やっぱビールうめぇwww


反応するのに実に困る話です。
ではまた次回に。

PR
Posted by SASUGA - 2008.03.23,Sun
とても暇な1日だった。

朝10時。
テキストエディタを開き、なんとなく考えていたことを書き出した。
深い内容ではない。
どうでもいいこと。
なんにせよ暇だから。


2時間ほどしてお昼休憩。
腹が減ったので昼食へ行く。

休憩が終わり、また書き出す。


午後3時。
うーん疲れたーと休憩に行く。
コーヒーを飲んでタバコを吸う。

また書き出す。


夕方5時半。
うーん、こんなもんかと書き終わる。


速攻で帰宅した。


【暇人の零距離射撃考察】


マジメに仕事すりゃよかったと振り返ったら負けかなと思ってる。


------キリトリ------


最近仲良くなってきた一難去る人形式でリンクを追加。


三途倶楽部末期寄合所official ( 管理人・米川昌志 そうし)

総帥と書いて「そうし」。
デフォルトは攻撃隊列と大声。それ以外の選択肢はない。
全ては上杉家ボーナス腕力+2が物語る。

この度ホームを織田へ、次いで家老に昇進されました。
天狗の仕業でハゲになったりゴーグルかけてたりと予測不可能な日常。
そんな底辺ポジションが皆の尊敬と笑いを集める御方。

掲示板の観覧はご遠慮ください。;;;;;w



一難去ってまた一難( 管理人・無明嵐 様 )

織田最強?いやいや風雲最強な僧兵様。
なにあの連撃wwwww武芸より強いってどういうことwwwwwwwwwww

初見な相手でもペースを合わせて会話してて、「すげぇな!」と思わせていただきました。
次回もぜひとも冷静な判断力と無類の破壊力をボスで味あわせていただきたい。

最近は紫に染まるチャットログに腹を抱える毎日だそうです。



ちっちのまるまる ( 管理人・小鳥乃ちっち 様 )

永遠の初心者巫女、ちっち。
皆に半ば強制的に作らされた刀鍛冶はレベル57でイザ撃破、空2クリア。
ほんとwwwwwwwどういうことwwwwwwww
レベル60になりたくないらしいが、皆に連れ出されるうちに60になりそうやね。はは。

意外なほどにラブリーな日記は思わずニヤリとしてしまうんですよ。



あ、乗りかかった船にはどうやら完全に乗ってしまいました。

以上でございます。

ではまた次回に。
Posted by SASUGA - 2008.03.12,Wed

美しい腕力 始まる

 裏越後三途倶楽部末期officialsite
 http://sky.geocities.jp/hadeiku_makki/top.html


これはひどいwwwwwwwwwwwwwwwwww

Posted by SASUGA - 2007.12.21,Fri

『地球がもし1メートルの球だったら』

という本を読んだ・・・人の書いた本を読んだ。Σ(`∀´ノ)ノ ヤヤコシイナッ

と、直接その本を読んだ訳ではないので、
以降の多少の語弊やら何やらについてはご勘弁願いたい。

まぁ細かい話はさておき、俗に縮尺論というジャンルの本に関するお話。


結構前に『地球がもし100人の村だったら』という本を読み、
「ほぉ~なるほどなぁ」「へぇ~ふぅ~ん」
と並べれるだけの感嘆詞を吐いたことがある。

単に当方の読解力やら考察力やらが
その程度の感想しか弾き出せないだけかもしれない。

;;

まぁなんというか、それだけ「なるほどっ」と思えることが多かったのは事実。

おっと、いきなりに閑話休題。


その本によると、まず地球が1メートルの球であると仮定する。

地球がこのサイズの場合、
衛星である月はビーチボールだかバスケットボールぐらいの大きさ、
大体30cmそこらぐらいの大きさで、
地球から30メートルぐらいのところを回っていることになるそうな。

30cmなんて、手のひらに乗っちまいますぜ!


続いて太陽となると、大体東京ドームぐらいの大きさになるという。

大きさの比較となるとよく引き合いに出される東京ドームだが、
実際のところ、東京都民以外にとってはイマイチよくわからないもんだ。
まぁようするにデカイと言うことだけは確かですな。


さらにさらに、このサイズの地球の表面積は畳2帖程度。
なんとなんとたったの1坪である。

ここからが「へぇ~」とうなった箇所なのだが、
その海の一番深いところの深さはたったの0.9ミリ。

これが陸地に移ると、
例えば日本が誇る富士山は0.3ミリ。
世界一高いエベレストですら、わずか0.7ミリ程度。

うーん、こうしてみると、深くもなく高くもなく感じるのが不思議だなぁ。

こうなると地球の空気の層など微々たるもので、わずかに1ミリ程度になる。
飛行機と言ってもたかだか1ミリ程度の高さを、
スペースシャトルや国際宇宙ステーションなんてものですら
地表から2~3cmの所を飛んでいる、
となるからまぁ驚きというかなんというか・・・。


で、話は海に戻るが、地球の表面積は畳2帖分。
このうちの約7割が海なわけだが、
このサイズの海の水、つまり海水の総量は660ccほどだという。
ちょうどビールの大瓶ぐらいか。
牛乳パックでもあれば、十分に収まってなおかつお釣りがくるほどだ。


しかしながら海水は人間には飲めない。
このサイズの地球に存在する人間の飲める水、
つまり淡水はたったの17cc程度しか存在しない。
さらにさらに、そのうちの12ccは北極だの南極だのの氷河であるため、
実際に人間の飲める水というのは5cc程度になるそうな。


5ccってあーた・・・。
スプーン一杯、大さじ一杯ですぜ・・・。



と、ここまで読んでふと思った。
節水だの水不足だのとはよく言われるが、
たった5ccしかない水を文字通り湯水のごとく使ってしまうとこれは一体どうなるんだと。
あっと言う間もなく無くなってしまうではないか。


と、珍しくマジメに考えた。

2分ぐらい。


うん、水は大切だね。治療できなくなるね。

でもやっぱり、
初期振りのほうが大事だと思いました。ъ( ゚ー^)

Posted by SASUGA - 2007.12.15,Sat
酔ってますのでこんだけ。


ヘッダーの画像を行進、おっと更新しました。

ケータイ版も反映しました。
まじで文章かけんwwwwww

そんだけ。
最新コメント
[09/24 D]
[08/13 さすが]
[08/11 てつこ]
[07/29 SASUGA]
[07/27 真田]
Powered by "末期帝国"
忍者ブログ [PR]